Taiwan mobile + BlackBerry

出張で台湾行ってたんですけど、SIMフリー機がここで役立たなくてどうする!ってことでTaiwan MobileのプリペイドSIM買いました。

「3日間、データ通信3GでBlackBerryで定額でつかいたい」ってゆったらさっと出してくれます。クレジットカードとパスポートが必要。私が行ったのは桃園空港の第二ターミナルだったんですけど、日本語もちょっと通じるみたいだし、英語おっけーでした。定額通信分と、それに通話料がいくらか入って345元(950円くらい)。通話はいくら分入ってたのか正確に覚えてないけど、台湾国内通話を5-6分して、日本に国際電話3分くらいかけたらなくなっちゃったかなー。着信は無料ですた。電話をかけてさらにチャージすることもできるし、店頭でもやってくれるそうです。
BISの設定するの忘れて、なんかメール来ないわ! って気付いたのは帰国日だったんですけど、twitterしたりfoursquareしたり、便利でした! 結構速度出るのねー。速かった。
PCにつないでモデムとしても使えます。どのくらい速度出たのかわかんないけど、64kではなかったな、体感速度ではもうちょっといってる感じでした。こちらもwebメールチェックとか、ニュースサイト見たりする程度なら全然使えましたです。
SIMフリー機持ってる人で台湾行く人は、地図見たり色々便利なので、空港でゲトするのを超おすすめ。

参考ページ
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「台湾」編 (3/3)
台湾・台北でプリペイドSIMカード&HSDPAモデムを活用する

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。