タイワン行ってきたわん

RJ終わった後、飛んでタイワンしてきました。遊んでたんじゃないお! しごと!だお! 金曜日休めなかったのこれのせいだお!!
台北行ってないし観光してないんですが、その割になんか色々と面白いことがあったのでチラシの裏コーナーにて書いてみまうす。あとツアーの人が多いのか公共交通機関について書いてるサイトなかなかないのね。私もいっぱいググってブログ参考にさせてもらったので、情報共有&拡散も兼ねて。モタスポまったく関係ないよー

まずはお客さんの強い要望により空港からバス→新幹線で移動
空港(桃園機場一)→新幹線の桃園駅(高鐡桃園站)まではUBUSというので行きました。
→UBUSのwebサイト
窓口のおばちゃんはあまりエーゴができない方だったが、くさっても空港なので「アダルト、桃園ステーション、1枚」「オーケー、NT$ 30」程度のことは通じますた。しかし運賃が約81円と聞いて若干の不安を覚える。
やたらめったら緑のバスで、カーテンも無駄にレースとフリルがついてたりしますが、座り心地もよく、よいバスです。乗る時にトランクとかは運転手さんがバスの下のスペースに入れてくれます。新幹線の駅まで20分くらい。

で新幹線の駅に着いたわけです。すげー新しい!
→台灣高鐵のwebサイト
自由席のきっぷを購入

ひと駅、NT$ 125(350円くらい)
※ここで注意がありますが、お札をこういう時に崩そう!と思って高額紙幣を入れると、

お釣りは全部硬貨で出てくる

NT$ 1000のお札を突っ込んだ私、涙目。
しかしどこかのブログで見かけたとおり、噂のあの機械を券売機の真横で発見!

硬貨をお札に両替する機械

である! クレジットカード使える機械や、オンラインで予約・決済したものをチケットと交換する機械などありましたが、125$ぽっちなので現金で券売機で買った方が無難だと思う。窓口はなぜか超並んでいて、でも券売機はガラッガラでした。英語表示もあるので私は英語で買ったけど、一緒に行ったオジサマ達は台湾表示で通じてました。

台湾お料理の数々


ホテルの周りをちょっと探してみて、お店の中がまあまあキレイで、なおかつ地元民で賑わっているとこに入ったんですけど…

↑これ全部味ないから。

ていうか味超うすい。おまけに食卓の上にはこしょうしかない。何でこしょう……
でも他のお客さんはすごい盛り上がりながらばっくばく食べてました。うっそお。このお店は、飲み物はセルフサービスで、店内のショーケース(と言ったら聞こえはいいけどおも)から好きなものをとってきて、お会計の時に精算でした。
そこでいまいましい黒松の登場だYO!

この「油切」とか書いてあるお茶、加糖です。
本当にいまいましいくらい甘かった。話せば長いんですけど、↑の肉がなんかすごい独特のニオイがして(台湾中の建物であのにおいがしていた。八角?けし?)、でも味はなくて、でも油っぽくて、という三重苦だったので、お茶で流し込もうと思ったのよね! 悲劇ですた…
奥の緑の「茶花」とか書いてあるお茶は後味すっきりさっぱりで非常によいお茶です。

黒松というのはどうも台湾では超有名な飲料メーカーらしく、デパートやコンビニでもコーラやジュースがたくさん販売されていました。同行してた人で、黒松エスプレッソコーラとかいうものをコンビニで発見した人がいました。買えばよかったのに。
黒松(wikipedia)
黒松公式サイト

今回お仕事で行った会社の社員食堂にて餃子セット。NT$ 75+ 5(箸)で、約240円!

例によってこれも味がな(ry
野菜炒めみたいなものは、前日のお店より油が少なかったです。右奥の一見スープに見えるものは、やっぱり甘いお茶。また噎せる(以後、思ってたより甘くてビックリすることを「黒松」と命名)。
先方が用意してくれたドラゴンフルーツ。

すっぱくないキウイみたいで美味しかった。黒いつぶつぶが種で、まわりがちょっとぬるぬるっていうかくにゅくにゅしています。カフェでテイクアウトしたと思われるお茶もあって、玄米茶のティーバッグみたいなのが入ったグリーンのお茶と、抹茶ラテみたいのがありました。ラテは一目でやばそうだったので前者を選択。したらガムシロップがついてきてびびるの巻。ラテはなんか豆の味がしました、甘党のオジサマが飲んでましたがにがい顔をしていました
そしてなぜか台湾では北海道が大人気らしく、社内のコンビニの壁に「北海道」って書いた食パンのポスターが貼ってありました。北海道から来たっつったらひじょーに羨ましがられた。北海道はベイハイタオで通じたよ。

お仕事終わって、前日の苦い思い出を上書きすべくホテルのチャイニーズレストランへ。好きなページから好きなものを好きなだけ頼みまくるという暴挙に出て、最初に運ばれてきたエビの蒸し餃子を食べた瞬間、我々のチームは

「味がある! オイシイ!!」

と感動したのでありました。「味がある」ってしつれーでしょみたいな!



味があるないはともかくふつーに美味しかったです。デザートも食べて、ひとりNT$ 600くらい。おいらは当日のプレゼンをよくがんばったということでごちそうになりました★

で、台湾唯一のお楽しみ、お買いもの&マッサージへ!
こちらのデパート、朝は11時くらい開店で22時くらいまで営業してます。なんでも昼間は暑いから、おでかけは涼しくなってからするのだとか…
DIANAの靴が安いので(5000円くらい)買おうか悩んだんですけど、他のとこ見てからにしよ!って思ったら閉店してしまって買ってこられず。
なのでその分もマッサージにつぎこむ勢い(`・ω・´)
ネットで探したり、ホテルの人にも聞いてみたんだけど、なにぶん新竹だし、歩いて行けそうなのはすぐ近所のここしかなかったので突撃

鄧老師養生館-上海泡腳
たいわんのひとは、みどりがすきなの…?

初日には偵察で足ツボコースだけ(フットバス20分&その間肩もみ+足ツボ60分、NT$ 800 = 2400円)やってまあまあよかったので、この日はフルコース(`・ω・´) フットバス20分&その間肩もみ+足ツボ40分+全身マッサージ70分、NT$ 1300 = 3900円!!!!!
またこの日のおじさんが日本語もエーゴもいける方で、うまかった! 前の日のおにーちゃんはちょっとハズレだったかもー。新竹のこのお店行く人は66番のおじさんがおすすめだよ!(超ピンポイントw)
「痛い」は「痛: tong」、「気持ちいい」は「舒服:shu fu」
足ツボの間はテレビが見られるのですが、「流星の絆」が字幕でやってました。まさか台湾でもあらちちゃんに会えるなんて。あと生田斗真くんと瑛太と石原さとみちゃんの「VOICE」の予告や、大河ドラマ(たぶん妻夫木くんだった)の予告とかもやっててびっくりー。
ホテルの部屋ではディズニーチャンネルがあったのでそれをかけっぱにしていました。ニュースとかにしてると映像がグロいことがあるからさ…(台湾のニュースは過激です!)
WoWPでセリーナとかデビッドが中国語?でしゃべっててなんかおかしかった。なぜか「あたしンち」もやってました。

翌朝は台湾ぽい朝食を食べて、ホテルの送迎車で空港へ向かいましたー。

新竹というところはビーフンだか春雨だかが有名らしい。ホテルの朝食は毎日すっごくおいしくて、もちろん味がありました。このスープの餡みたいのにまた例の香りがしたけど、まあ我慢できる程度だった。

空港では免税でお買い物をしましたー。新しいお財布欲しかったんだけど、そそられるものがなくて、無理に買ってもなーと思って、お化粧品だけー。
BIOTHERMのセルリレーザーと、妹ちゃんにボビィのアイライナーセット、会社のお姉様方にロクシタンのハンドクリームセット(3本入り)、機内販売でジルのグロスセット(3本、仲良しの子と山分け用)。

お買い物中に、iPhoneのSIMカードをホテルの部屋に忘れたことに気付く!!! Taiwan Mobileのケータイが一番役立った瞬間でありました。
(帰国してSBで再発行してもらったので(2000円)、ホテルで保管してもらってたカードは破棄してもらい、解決ー)

あと、空港にキティちゃんコーナーがあると聞いたのでとつげき!

待合い椅子が!!キティちゃんーーー!!!

かわいいいいいいいい

このトランク持ったキティちゃんが台湾限定らしくて、エコバッグとかストラップとか、あとこの柄じゃないけど缶に入ったお茶とか売ってました。お土産にいいかも! 日本行はDゲートなので逆なんですけど、確かC3?の前にありますー。
会社へのお土産は郭禄花生牛軋糖(ミルクヌガー)というやつにしましたが、また味がな(ry
思ってたより甘くない(黒松の逆現象ですネ!!)のにナッツくさいっていうか、とにかくパッとしない味でした。抹茶味と紅茶味とあったけど、どれも似たようなもんだろうと予想。これはお勧めしない。ネットをみると、美味しいメーカーのはおいしいらしいので、このメーカーがダメなんでしょう。
鳳梨酥(パイナップルケーキ)は、パイナップル100%の餡のと迷って、ネットで割と評判のよかった奇美(CHIMEI)にしました(←これは冬瓜かなんかの餡が混ぜてあるらしい)。黒いパッケージで高そうな雰囲気を醸し出してます。中も個包装になっていて高い感じを出すにはおすすめ。味も悪くなかったです。

そんなわけで、踏んだり蹴ったりではありましたが楽しい旅でしたー。
仕事が結構うまくいって各所から大層ほめられたのでね、それでいいのよーん。

新竹行かれる方はめったにいないと思いますが、いらっしゃれば参考にしてください★

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。