得体の知れない食事を作ってしまった話

2011年7月14日 | からふみ | ファイル: たべもの.

昨日なんだか風邪気味のように感じたのですが、この暑いのにおかゆは食べたくなかったので、チキンスープに少しクスクスを入れたのにしようと思い立ちました。

しかし歯が痛くてニンジンやら玉ねぎやら料理するのさえもだるく、キャンベルのチキンヌードルスープで済ませようとしたのですが、どうにもクスクスも食べたかったのでクスクスも戻してみたのです。

したらばまず、久々だったので量を間違え、みるみるうちに増えるクスクス…おまけにバターで炒めようと思ったら、期限が5月のしかなかった。途方に暮れて、あたためてたチキンスープの中に投入してしまいました…

もったり、ぐずぐずとした、味の薄いよくわからないものが2.8人前くらい。

クスクスは100gくらいをお湯で5分くらい戻して、バターとブイヨンキューブ/鶏ガラスープか、バターとカレースパイスで炒めるととってもおいしいのですが、残念なことになってしまいました。

食べたけども。(まだある)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください