回顧厨の人ちょっとヤダ

2012年8月23日 | からふみ | ファイル: F1.

最初は「読んでから言えや」みたいなことを書こうと思ってたんですけど、なんか自分の実体験も思い出してくると、なんか表題のような気持ちに…
こういう風に思ったってこと誰かに伝えたかったけど、ここなんか見てる人あんまいないと思うので(精神衛生のためアクセス解析いれないことにしたからわからんのですけど)、ひっそりここに。

すっげ話とぶんだけど、回顧厨のオッサンって何とかなんないんですかね?
職場の飲み会とかでちょろっと「F1好きなんですよー」とか言った経験のある人、遭遇したことありませんか? いるでしょ?

「セナの時代はよかった、今はつまらない」←こういう人に限って大概いまは見てない
「V12、ターボエンジンの音を知らないなんて本当にかわいそう」←いやべつに全然かわいそうどころか、毎戦毎戦たのしくて仕方がありませんけど

つーかこれにどうやって返事すればいいのよ、「へーすごいですね聞いてみたかったなぁ」?

私は1985年に生まれて、2004年からF1を見始めたのでセナ時代を知りません。3.0LのV10はテレビで見てただけだし、V10を生で見たのはリミッターつきのトロロッソだけです。
おじさんの方のセナもターボエンジンの音も知らないけど、DRSがぱたって開く瞬間を見たことがあるし、オールージュ下から見上げてびびった後に息切らしてのぼったり、日曜日の夕方にゲートのまた来年お会いしましょうに目がうるうるしてみたり、してる。

うまく表す力がなくてもどかしいのですが、dedication
ってところでは、その辺のえらそーな回顧中のおっさんには、私は絶対負けてない。

サーキットで観戦したことがあるかどうかってことも、関係ないと思う。TVでしか見ることができなくても、本当に好きな人は、全力で夢中で見ていると思う。「いまはつまらなくなったよね」とか、言われたくない。
いまのF1ファンも、昔のF1ファンも、F1が好きってことだけは同じ気持ちだったと思うのにな。ドライバーもチームのメンバーもファンも全力でF1やってたってことは、いつの時代だって変わらないと思うんだ。

でもどうして古い世代には、私達現代のF1ファンをちょっと小ばかにしたような態度をとる人、見下した見方をする人がいるんだろうね。

回顧厨になってしまう気持ちは、ちょっと分かる。私も、自分が知ってるキミのマシンで一番好きなのはマクラーレンの車だから。E20たんのことを思うとき「リタイアしないし、大概のサーキットで80点だすし、えらい子だなぁ」と思うけど、「やっぱぶっ壊れてもMP4-20たんの変態具合は忘れられないぐふふハァハァ」とも思ってしまうもん。
でもだからって、フェラーリからのファンの人とか、今年はじめてキミを知っていいなって思ってくれたファンの人と話す機会があったとしても、ばかにしたりしないよ。

あと、まとまってないけど思ったこと。
眉さんだって顎様だって十分気持ち悪いバケモノ、語り継がれるに相応しい人だと思う。あのドキュメント映画を見た限り、セナ顎と比べるとむしろ眉さんは性格がいい方なんじゃ…と思ったり。
「ああ、あのこちょっといいように喋らされちゃったりするもんね」って思って終わりにしてくれるのはきっと2008-2009あたりを知るファンだな。とか。

まあなんだ、時間が経って、三十路を通り越して(…うわぁ)「ハァ?ライコネン?誰それ」とか「○○ブースター(←なんか架空の未来のデバイス)とか絶対使いこなせないよな、勝ててもいないよな!」とか平成生まれに言われても「その昔、ちょっとばかし変わってる速い酒飲みがいましてね」(´ω`)トオイメ 「そらそうかも、ボタンはエンジニアさんに色でゆってもらってたんですよ」(´ω`)トオイメ くらいのことだけさらっと言えるオールドファンになりたいなぁ。と、思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください