Run319: BB2 ZEDD

起きられるか不安だったんですけど、比較的近くに泊まってたこともあってなんとか行くことができました。初めての新宿!

まず道順ですけどセブンイレブンのところの手前側に行ってしまい、階段がなくて困りました。↑奥側ね!奥側!
FCのページに載ってる解説って結構分かりやすいと思いました。川崎もこのページみたら意味わかったので。

「東南口」の方から行こうとしたら朝は7時からしか使えないみたいで非常にショックだったので、7時の回の時は注意です!

新宿はすごいコンパクトなお店でした。更衣室は女性の入り口に赤いライトがついてておしゃれで分かりやすかったです。男性は青だったか違う色ついてました。
シャワーの数は札幌よりちょっと少ないくらいで番号のロッカーだったんですけど、シャワーブースの狭さがやばかったです。なんか奥行きがない、まじで。私のような厚みのあるデブにとっては非常に圧迫感がありました。リオさんたまに新宿にいるけど、リオさん厚みはないけど上背あるし、ちょっと窮屈だろうなーって思いました。
あっこれはめっちゃ特筆したい事なんですけど、フェイスタオルがペラペラを通り越して極限の薄さに挑戦してて若干透けてましたwしかしバスタオルは謎のふわふわふかふか具合でとっても気持ちがよかったです。ほんと謎でした。
スタジオは予約画面では分からなかったんですけど、横の列は全部段差になっていて、すっっっごい見やすかったです!

Yaeさんはバスケタンクトップで登場されて、前説はほとんどZeddの宣伝でした。始める前に曲を手元でぱっとStayに切り替えて、アルバムと来日公演の宣伝をしたのちに、このプログラムは2年前にTrue Colorsを中心に作った物ですとか、来日公演があるので期間限定で提供してますとか。強度はそれほど高くないので音楽を感じて全力で行きましょうとか。
Show me your 120%から始まり、レッスンが進むごとに150% 180% ときてラスト曲は200%で来いよ!になっていましたw
イベント物だよーってことであんまりフォームの説明とかもなかったんですけど、ダンベルのフロントパンチはパンチする方を頑張りがちなんだけども、引く時をより意識して素早く行って下さいって言ってました。音楽にのせてカッコよくやりたい時は片方の肩を少し引いてやるとよいそうです。よく受ける2-17もフロントパンチあるから次の時にやってみようと思います。
spectrum終わってストレッチ前には、時間帯や体力的なこともあるとは思うけども、1レッスンずつを全力でやっていってください。って言ってました。二連とか三連とかする方向けのメッセージだったのかしら…w

私の出来栄えでいうと全くダメでしたw
I want you to knowの時点で全然脚が回んなくて体もだるくて、前日の疲れ+リサさんで月曜の事を考えずに全力を出し切ってしまったのが原因だなと思ったので、Runはダブルタイムで漕ぎ、規定動作のダブルタイムがキツイときは1.5タイムくらいにしつつ、Yaeさんを楽しみましたー。

出るときに靴履いてたらフロントの男子の人がめっちゃさわやかに「またお待ちしてまーす!」って声掛けてくれて、気分良く帰りました!

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。