え、私も新人のとき0円だったし。

2012年5月30日 | からふみ | ファイル: しごと.

現場最終日なわけですけど、特に引継ぎすることもないので平常運転、午後になったら出す挨拶メールでも考えるか的な10AMであります。

こんな記事RTされてたけどこんなのフツーじゃんね

エンジニア人月0円セールと、ござ先輩に見た未来
その中で、SIおよびSEのこれからに暗い影を落とす話をした。

関西のあるSE派遣の企業のはなし。

何十人もの新人さんを集めて、無料でプロジェクトに派遣するビジネスモデルが流行ってきているらしい。

何十人の内、数名でも生き残って、その後定期的な売り上げになれば良いという、携帯の新規契約無料みたいなモデルだ。

私が新人だったのは2007年なわけだから、少なくとも5年前の東京には存在していた。メーカー系SIer→うち、って関係性だから、1次請けかな。それでもこんな感じ(しかもリーマンショック前のERPのりのり時代)なんだから、2次3次4次なんてフツーにやってることと思いますけどねえ。

6月から8月までそのメーカー系SIerのとこで研修、9月はそのSIerの社内ドキュメント整備とかやりながら勉強、10月から現場アサインで1月くらいから単価ちょっとついたんだったかな。3ヶ月くらいは無料で働いてましたけど、それからPJの若手みんなリリースされたときまで、1年半くらい働いたからなあ。お試し期間の中で「あらこのコ使えるかも、安いんだったら欲しいわ」って思ってもらうことって、SE派遣業(実質)に入ったキャリアのない新人にはけっこう大事なんじゃないかと思います。特に私は資格も大してなかったし、理系の学部を出たわけでもなかったから、行ってみて「いいね」って思ってもらえてよかったなぁ。

ちゃんとした会社の人がやっと業界の実態に気付き始めてくれたってことだといいんだけどね。

って、もう明日でSIerからはバイバイなんだなー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください