STAR WARS IDENTITIES THE EXHIBITION

2019年11月4日 | からふみ | ファイル: テレビ・映画, 日記.

行ってきましたSW展覧会!が、目玉コンテンツのひとつである、質問に答えていって自分のオリジナルキャラクターを作れるシステム、最後の最後でぶち壊れて結果を受け取れず\(^o^)/ そしてその診断結果を受け取る最後の出口で詫びチケットを渡されて友達ととぼとぼ帰ってきました…。終盤の展示みてる間に「トラブルがあったので照明がついてシステムが再起動します」ってお知らせがあってマジで明るくなってしばらく時間かかったんだけど、それでいかれたのか再起動しても直らなかったのか。

再起動している画面を見ていたら、 しょうがないってことはわかりました。

Windows XP embedded, この記事によれば正真正銘のサポート切れOSです

Windows XP \(^o^)/ オワテル

展示の内容はお子様向けでは全然なかった。ガチの大人向けだし、お勉強が苦手な人は大人でもつらそう。
システム障害は最悪でしたけど中身は結構たのしかったです。 というわけで写真と感想をいくつか。

ちなみに電気がついた時の写真がこれです。普通に倉庫

インタラクティブ・クエスト

最後、キャラクターの表示まではできるのにメールで詳細を受け取るところがこわれていました…つらい。友達のモンカラマリはなんか帝国軍を撃墜したみたいな出来事を引いたんですけど、私は故郷の星が爆破されました。まじかよ…ホス(北国)…なくなった……。友達同士で行くと、途中でリストバンドを組にする操作が出来て、それをやった人は上の画像みたいに背後にうっすらと相手のキャラが立っているみたいです。元々一人で行こうと思ってたんだけど、ぼっちには厳しい仕様だよ!詫びチケはぼっちで行く予定なのでもう↑こんな画像はもらえないんだょ…つらい。

私と友達のツボに入ったグンガンの親子

親の要求性と反応性による影響、というところで「夢のために自分の星を出ていきたい」みたいなことを子どもが言った時に親はどうするか?という質問があって、要求性-反応性が高&高、高&低、低&高、低&低 の例の絵があったんですけど「低&低」のグンガン親子があまりにのんきなのでツボでした。アナキンの親は自由にしなさいっていう「低&高」タイプで、ルークのおじさん達は「高&低」タイプでしたよね。みたいな説明のビデオとかを見てから自分のキャラクターについての選択をするのですが、このクエストをする前に「自分だったらこうだ」みたいなキャラを作るのか、おもしろいキャラを目指して作るのか決めておかないとフラフラしちゃうかも。

トルーパーとドロイドのみんなたちコーナー

ファーストオーダーと帝国トルーパーを並べてみると意外と全然違っててすごい。R2先輩はかわいいしかっこいい。

設定画や模型などの展示

いちばんためになったこと:ジャバ様は玉座のすぐ後ろにバーベキューグリルを設置していて、いつでもバーベキューが食べられるように料理が盛られている という設定。

戦コーナー

スターデストロイヤーの細かさがやばやばのやばだった。

カイロレンくんが興奮して倒れるコーナー

衣装などの展示

キット・フィストーさんの頭のにょろにょろにはヘビみたいな柄がついている。そしてそこのジェダイ揃いましたコーナーで初めて、メイス・ウィンドウの中の人がサミュエルLジャクソンさんであることを知りました。ともだちに素でびっくりされた。

その他

作画が良い。この壁の横で一緒の写真を撮る女子多数
好き

全体的に「アナキンは元の性格もこうでトラウマを乗り越える力が云々…」みたいな感じの表現が多いのがちょっとかわいそうだった。アナキンだって好きであんな感じの病み病み具合になったわけじゃないし…ルークは立派だったと思うけどみんながみんなそういう強さをもってるわけじゃないし…みたいな。
両親がパドメ様とアナキンって家系図にしてみるとマジで顔面の偏差値が高すぎない?って思いました。ハリソン・フォード・ハン・ソロは超かっこいいし、ヘイデン・クリステンセン・アナキンは作画がHDでした。スターウォーズ、TLJはちょっと受け付けないなーって感じだったんだけど、9の予告みて音楽だけは最高ってわかったのでたのしみです。

ちなみにこの後、ともだちと別れてセブンイレブンに行き、コミコンのクリヘムのチケットをゲットすることができました。諭吉が飛んでいく。東京。

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください